この規約(以下「本規約」といいます。)は、貸会議室ラミ(以下「当室」といいます。)が提供するスペース(以下「当会議室」といいます。)の利用に関する条件を、本会議室を利用するお客様(以下「お客様」といいます。)と当室との間で定めるものです。

 

第1条 定義

本規約では、以下の用語を使用します。

 

第1項 「付帯設備」とは、文房具などの備品及び机、椅子、ディスプレイ、通信機器などの設備をいいます。

第2項 「本付帯設備」とは、当会議室を通じて利用することができる付帯設備のことをいいます。

第3項 「個別契約」とは、当会議室に関して、本規約とは別に「定期利用契約書」などの契約書において、お客様と当室が締結した文書その他の契約内容のことをいいます。

第4項 「個別利用規約」とは、当会議室に関して、本規約とは別に「規約」、「ガイドライン」、「ポリシー」などの名称で当室が配布又は掲示している文書のことをいいます。

 

 

第2条 規約への同意

 当室は、本条各項の内容に関し、お客様から同意をいただいたものといたしますので、予めご了承ください。

 

第1項 お客様は、本規約の定めに従って当会議室を利用しなければなりません。お客様は、本規約に有効かつ取消不能な同意をしないかぎり当会議室を利用できません。

第2項 お客様が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得たうえで当会議室を利用してください。また、お客様が当会議室を事業者のために利用する場合は、当該事業者も本規約に同意したうえで本会議室を利用してください。

第3項 お客様は、当会議室を実際に利用することによって本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。

第4項 当会議室において個別利用規約又は個別契約がある場合、お客様は、本規約のほか個別利用規約およい個別契約の定めにも従って当会議室を利用しなければなりません。

 

 

第3条 規約の変更

当室は、当室が必要と判断する場合、予めお客様に通知することなく、いつでも、本規約及び個別利用規約を変更できるものとします。変更後の本規約及び個別利用規約は、当室が運営するウェブサイト内の適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じるものとし、お客様は本規約及び個別利用規約の変更後も本会議室を使い続けることにより、変更後の本規約及び適用のある個別利用規約に対する有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。かかる変更の内容をお客様に個別に通知することはいたしかねますので、当会議室をご利用の際には、随時、最新の本規約及び適用のある個別利用規約をご参照ください。

 

 

第4条 スペースの提供

 当室は、本条各項に基づいて、当会議室を提供致します。

 

第1項 当室は、お客様に本会議室を現況貸しにて提供致します。

第2項 お客様は、当会議室及び本付属設備を利に際し、善管注意義務の下に責任を持って取り扱ってください。

第3項 お客様が当室の提する利規則、許可申請内容及び許可条件に違反し、当会議室と同じ建物の付帯設備・備品などを使用、費消、破損又は紛失する等(以下、「建造物等の破損等」といいます。)、名の如何を問わず当室に損害が発した場合には、お客様が当該損害額(修理額の実費、及び、建造物等の破損等が原因で本会議室の利が出来なくなった場合の当室の逸失利益を含み、これに限りません。)を賠償するものとします。当会議室の建物内に機材、器具搬の際は、当室の許可を得てください。当室は、施設等の利に伴う⼈⾝事故及び部外品・展品等の盗難・破損事故などのすべての事故について、切の責任を負いません。 また、本付帯設備などを破損又は紛失した場合、修理代等として損害賠償して頂く場合がございます。上記が原因で当会議室が利出来なくなった場合は、損害額の実費をご負担いただくことがございます。この場合、修理額及び損害額の実費を含む請求額全額を請求に基づくにお払いいただくこととなります。この点につき、お客様は切の異議を述べないものとし、且つ当室に対し、銭の払いその他いかなる請求もわないものとします。

第4項 お客様が契約した利時間途中で退出された場合でも、当室は、当会議室の利の割引、返等はいませんのでご了承ください。

第5項 支払期日までに、お客様のご入金が確認できない場合は、お客様のご予約はキャンセルしたものとします。支払期日までに、お客様からのご入金が確認できた時点で、お客様のご予約を確定いたします。

第6項 お客様は、当室の承諾無しに当会議室に無断でることはできません。

第7項 当会議室の利には、消費税が含まれておりません。

第8項 お客様が当室の承諾なく予約無しに当会議室を使していることが発覚した場合や、定められた時間を超えて当室の了承もなく当会議室を使し、速やかに退去しない場合には、当室はお客様に当会議室の利の 5 倍の額を請求させていただきます。

第9項 お客様は、当室の承諾無く、当会議室の利時間の延は出来ません。

第10項 お客様が、利用時間を超えても退出されず、利用時間までに持込まれた荷物や商品等が撤去されない場合は、お客様は当該荷物や商品等の所有権を放棄したものとみなし、当室は、これらを移動、当会議室外に搬出、処理、場合によっては廃棄させていただく場合があります。お客様の退出に遅延が発した場合は、当室はお客様に当会議室の利の 5 倍の額を原状復帰に要した数分も含め、遅延損害として請求致します。運搬・清掃に掛かる費は、別途実費で請求させていただきます。

第11項 当会議室に鍵のある場合は、お客様は、利終了時に、当室の指定の通り鍵の返還をってください。

第12項 当会議室は、ご予約いただいた本人であるお客様のみ利可能です。お客様は、当室の許可なく第三者への利権限の譲渡はできません。

第13項 当会議室の利用において、お客様に借家権その他の独した占有権、営業権等の固有の権利を付与するものではなく、また何らこれらの権利は発いたしません。

第14項 本付帯設備が損傷・汚損・紛失等したときは、当室はお客様へ実費分の請求をさせていただきますので、予め了承下さい。またその際の積・施は当室にています。お客様は、ら持ち込んだ機材・物品等の管理をい、これらの盗難・紛失・災損害等について当室に責任を負いません。

 

 

第5条 免責

お客様は、本条各項に起因した切の損害について、当室が賠償責任を負わないことに同意したものと致します。

 

第1項 予約・申し込みキャンセル、程内容変更について起きた損害。

第2項 当会議室内及び当会議室と同じ建物で発した不正利、器物損壊、無断キャンセル、盗難、事故、故障、災、天災、漏りその他トラブルによる損害。

第3項 当会議室の利用時間にお客様が利できなかった場合及び利用時間途中から利できなくなった場合の、営業補償、交通費、件費その他の切の損害。

第4項 お客様が当会議室の利によって、当室や他のお客様は第三者に対して与えた損害及び損事故による損害。

第5項 お客様が、当会議室の利用を仲介したポータルサイトの利規約及びキャンセルポリシー、注意事項に違反した際に発した切の損害。

 

 

第6条 利の制限

お客様又はお客様のイベント等のご主催者もしくはご出席予定者が本条第1項乃⾄第7項に該当する場合、及び、本条第8項乃至第10項に定める事由がじた場合には、当会議室の利用に応じられませんので予めご了承ください。

 

第1項 暴団、暴団関係企業・団体、総会屋、過激動団体、その他反社会勢若しくはこれらに準じる者(以下「暴団等」と称します。)は暴団等の関係者である場合(第三者がその旨認定した場合を含みます。)

第2項 暴団等は暴団等の関係者が事業活動を配する法その他の団体である場合。

第3項 役員(取締役、執はこれらに準じるいます。)、従業員、関係者等が暴団等の構成員はその関係者である場合。

第4項 当室の他のお客様に著しい迷惑を及ぼす動をした場合。

第5項 当室及び当室に対して暴、脅迫、恐喝、威圧的要求をい、は、合理的範囲を超える負担を要求した場合。あるいは過去に同様の為をったと認められる場合。

第6項 お客様が、利に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の俗に反する為をするおそれがあると認められる場合。

第7項 お客様が、伝染病に罹患していると明らかに認められる場合。

第8項 当会議室が満室により当会議室のご予約の申請に承認する余裕がない場合。

第9項 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により当会議室の利ができない場合。

第10項 当会議室が所在する地域の条例・規則の規定に該当する場合。

 

 

第7条 利の中止

ご利用の契約が成した後及び利途中であっても、当室は、本条各項に該当する場合、お客様のご利を中させていただくことがございますので、予めご了承ください。本条各項の該当性について、当室からお客様に対して説明を求めたものの、当室が定める期間内に合理的な説明が得られなかった場合には、当室は、お客様が各項に該当する為をったものとみなします。なお、本条各項の規定に基づいて利を中させていただいた場合であっても、既にお払い頂いた当会議室の利の払い戻しは致しかねますと共に、その際にじた損害責任は、お客様にご負担いただきますので、予めご了承ください。

 

第1項 申込時の使⽤⽬的、催事企画書などの提出物と使⽤⽅法が事実と反した場合。

第2項 他のお客様、当会議室に関連する他の会社に迷惑を及ぼした場合。

第3項 お客様が当室の許可なく第三者に転貸した場合。

第4項 紀上又は安全管理上、不適当と認めた場合。

第5項 常識を超えた備品のお持込又は、使された場合。

第6項 関係諸官庁から中命令が出された場合。

第7項 本利規約、禁及び注意事項、また当室の注意に従わない場合。

第8項 暴団等に属する者が利しようとしている認められる場合。

第9項 お客様が、利に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の俗に反する為をするおそれがあると認められる場合。

第10項 お客様が、伝染病に罹患していると明らかに認められる場合。

第11項 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により利させることができない場合。

第12項 当会議室が所在する地域の条例・規則の規定に該当する場合。

第13項 その他、当室が社会般通念上不適切な使⽤⽅法と判断した場合。

 

 

第8条 禁⽌⾏

当室は、当会議室の利用に際し、本条各項の行為を禁止しておりますので、予めご了承ください。本条各項の行為を行っていることが認められる場合には、当会議室管轄の警察署その他の官庁への通報などの適切な処置を取らせて頂きますので、予めご了承ください。

 

第1項 法令に反する又は反する恐れのある為及び法令で販売が禁されている商品の販売。

第2項 公序良俗に反する低俗な為及びわいせつ物や違法な商品の販売。

第3項 危険物、騒や振動をじる物、動物やペット、及び常識を超えた備品の持ち込み及び販売。

第4項 申込内容と異なる為をうこと。

第5項 他の権利・利益を侵害する可能性のあるものの販売。

第6項 当会議室と同じ建物の居者や他のお客様に迷惑を及ぼす恐れがある動・為・騒等。

第7項 当室の承諾無く、床・壁・天井・付属設備・備品等へ釘類を打ち付けたり、改築、改造、模様替え、粘着テープ類の貼り付け、鋲め、その他現状を変更する為。

第8項 当室に不利益を与える為(予約時間外の利用や備品の破損を含み、これらに限りません。なお、当室に不利益を与える行為があったと認められる場合において、連絡が一切取れない場合には、やむを得ず、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報を開示せざるを得ないこともありますので、あらかじめご了承ください)。

第9項 当会議室に宿泊する為。

第10項 収容数を越えて室させること。

第11項 当室の許可を得ないでう飲⾷⾏為。

第12項 その他法律で禁じられている為。

 

 

第9条 その他

当室が必要と認めた場合、本規約を変更できるものとし、本規約を変更した場合には、お客様に変更内容を通知します。当該変更内容の通知後、お客様が当会議室を利した場合には、お客様は本規約の変更内容に同意したものとみなします。

 

2018年8月15日

貸会議室ラミ